加藤財団の助成事業


加藤財団の助成事業について


「我が国の産業は明治以来目覚ましい発展を遂げたが、これはいずれも外国の模倣工業である。このままの状態を将来も続けるならば、我が国はやがて先進欧米諸国の工業属国になる。貿易の自由化、とくに資本の自由化が進めば、その心配に一層強くなる」ことを加藤与五郎博士は強く憂慮され、我が国における日本人の頭脳から出る新しい工業、日本人の発明、創造に基づく工業の発展にその生涯を懸けられました。そして自ら多くの独創的な研究活動とともに我が国の将来を担う若い研究者の創造教育に情熱を注がれました。
  公益財団法人加藤科学振興会は、加藤与五郎博士の偉大な業績を記念し、その精神を継承、発展させるため、学理、技術、工業に「画期的進歩」をもたらす独創的な研究を目指す若い研究者を支援いたします。


このページのトップへ


平成 29 年度研究助成金交付者募集について



    この研究助成は、加藤与五郎博士の業績に縁の深い分野において、独創的な研究、あるいは将来広く展開が期待される研究に挑戦しようとする研究テーマに対して、助成を行うものです。



1)対象とする
研究分野:
電気化学、電気・電子材料を中心とする材料科学、およびそれらの関連分野
2)交付対象者
の資格:
本会の目的に添って独創的な研究を遂行する意欲をもつ、大学等に所属する教員・研究員あるいは、公的研究所の研究者
3)助成金額:1件当り 100 万円
4)助成件数:10 ~ 15 件程度
5)応募方法:所定の申込書に所属機関長または学識経験者の推薦文を添えて提出すること
応募書類は原則として、事務局宛電子メールで送付すること
6)応募期限:平成 28 年 12 月末必着
7)選考方法:当公益財団法人選考委員会が選考する
8)決定
及び通知:
選考結果を理事会で承認後、本人へ通知する (4月下旬を予定)
9)研究助成金
の交付:
研究助成金贈呈式の後、所属機関の指定口座に振り込みを行う
(7 月下旬を予定)
10)研究成果
の報告:
所定の書式に従って、助成終了期限の翌月末日までに提出すること
報告書は電子メールで事務局宛に送付する

<報告書のダウンロード>
研究助成金成果報告書フォーム

11)研究成果
の発表会:
助成終了後最初の 6 月に開催される、研究助成金・奨励金贈呈式の会場で成果発表を行う

12)申請フォーム
及び
注意事項:
入力前、提出前には必ず下記の注意事項を確認下さい
申請書不備の場合審査対象から外れる場合があります

注意事項

申請書は、(様式-1①) Excel ファイル と(様式-1②③④⑤)word ファイルに分かれています

(様式-1①)Excel ファイルについて
ア)入力用の箇所以外セルは、編集出来ないように設定されています
入力可能な個所は、薄青色で     のように表示されまていますので、その部分に入力して下さい
イ)薄緑色     の箇所は事務局使用欄ですので、入力しないで下さい
ウ)セルの書式は変更しないで下さい
各項目に設定された文字のフォント・サイズは変更できません
入力する情報は、枠内に収まるよう調整して下さい
エ)数字ならびに英数は、半角にて入力願います
オ)「申請者氏名」「ふりがな」の項目では、「氏」と「名」の間に [半角スペース] を挿入して下さい。
カ)「部署名」には、大学名は入れないで下さい
学部、学科、研究室等の間に区切りの [半角スペース] をお願いします
(例: ○○学部 □□学科 △△研究室)
(様式-1①)「研究テーマと直接関連する主要論文等※(3 件以内)」の電子情報あるいは印刷物の添付は pdf ファイルにてお願いします
(様式-1⑤)については、推薦者の直筆署名と捺印したもの(但し、公印の場合は直筆署名でなくとも可)をスキャンして A4 の pdf ファイルにして、添付をお願いします
1 月 18 日までに受領の連絡がない場合は、電話 03-3272-2657 までご連絡下さい

その他のご不明な点は、info@katof.or.jp までお問い合わせください

≪必要な提出ファイル≫
  1. 申請書(様式-1①)Excelファイル
  2. 申請書(②③④)word ファイル
  3. 推薦書(様式-1⑤)pdf ファイル(推薦者の捺印付きの 1 ページ)
  4. 主要論文 3 件まで pdf ファイル
<申請書フォームのダウンロード>

平成 29 年度研究助成金交付申請書_様式-1①_Excel
平成 29 年度研究助成金交付申請書_様式-1②③④⑤_Word


このページのトップへ


平成 29 年度研究奨励金交付者募集について



    この研究奨励は、加藤与五郎博士の「創造の出来る人間」を育てる創造性開発の教育の中核をなすもので、将来独創的な研究に挑む意欲に富む若い学生の研究活動を奨励、支援するものです。



1)対象とする
研究分野:
電気化学、電気・電子材料を中心とする材料科学、およびそれらの関連分野。
2)交付対象者
の資格:
本会の目的に添って独創的な研究を遂行する意欲をもつ若い研究者(原則として大学院修士 課程以上、30 歳以下を目処とする)で、指導教官により選ばれ、さらに当該研究機関(学部長、研究科長など)の代表者から推薦された研究者とする。
3)研究奨励金の
金額および
交付の期間:
(ⅰ)奨励金の額は、一人につき 30 万円とする
(ⅱ)奨励期間は、奨励金交付後から翌年 3 月末日までとする
4)奨励件数:20 ~ 25 件程度
5)応募方法:所定の様式に従って、「研究奨励金交付申請書」を、推薦者より提出すること
(推薦者以外の代理機関等が提出する場合は要相談)
応募書類は、事務局宛電子メールで送付すること
6)応募期限:平成 29 年 3 月 16 日(木)必着のこと
7)選考方法:当公益財団法人選考委員会が選考する
8)決定
及び通知:
選考結果を理事会で承認後、ただちに推薦者に通知する
(5 月上旬予定)
9)研究奨励金
の交付:
原則として、研究奨励金贈呈式当日、現金にて贈呈する

10)研究成果
の報告:
所定の書式に従って、翌年 3 月末日までに事務局宛電子メールにて送付すること

<報告書のダウンロード>
研究奨励金成果報告書フォーム
11)申請フォーム
及び
注意事項:
入力前、提出前には必ず下記の注意事項を確認下さい
申請書不備の場合審査対象から外れる場合があります

注意事項

申請は(奨励金を受け取る本人ではなく)指導教員からのメールでお願いします
申請書は、(様式-2①)Excel ファイル と(様式-2①)word ファイルに分かれています
ア)入力用の箇所以外セルは、編集出来ないように設定されています
入力可能な個所は、薄青色で     のように表示されまていますので、その部分に入力して下さい
イ)薄緑色     の箇所は事務局使用欄ですので、入力しないで下さい
ウ)セルの書式は変更しないで下さい
各項目に設定された文字のフォント・サイズは変更できません
入力する情報は、枠内に収まるよう調整して下さい
エ)数字ならびに英数は、半角にて入力願います
オ)「申請者氏名」「ふりがな」の項目では、「氏」と「名」の間に [半角スペース] を挿入して下さい。
カ)「性別」ならびに「学年(修士・博士)」は、プルダウンからの選択で入力可能です。「学年(修士・博士)」で「その他」を選択した方は、「その他の場合」の項目にその内容を入力願います
キ)「部署名」には、大学名は入れないで下さい
(大学院は大学名の項目に記入)
学部、学科、研究室等の間に区切りの [半角スペース] をお願いします
(例: ○○学部 □□学科 △△研究室)
(様式-2①)については、研究機関名と代表者とを記入し、公印を捺印したものをスキャンして pdf ファイルにして、添付をお願いします
応募から 2 週間が経過しても受領の連絡がない場合は、電話 03-3272-2657 までご連絡下さい

その他のご不明な点は、info@katof.or.jp までお問い合わせください

≪必要な提出ファイル≫
  1. (様式-2①)Excelファイル
  2. (様式-2②)Word ファイル
  3. (様式-2①)pdf ファイル(公印の捺印付きのページ)
※年度が抜けている申請書が多く見受けられます。提出の前に今一度ご確認下さい

<申請書フォームのダウンロード>

平成 29 年度研究奨励金交付申請書_様式-2①_Excel
平成 29 年度研究奨励金交付申請書_様式-2②_Word



このページのトップへ


平成 28 年度研究集会助成金交付募集について



    かつて、加藤与五郎博士が夏期に旧創造科学教育研究所(現軽井沢研修所)において、若い研究者に直接創造性教育の指導に当られ、研究奨励とともに博士の創造性教育の中核をなすものでありました。この集会助成は、博士の精神を活かすべく設定されたものです。



1)助成対象:広義の材料科学の分野において創造的学問あるいは技術の向上を意図する研究集会で、次世代若手研究者の育成に重点を置いた集会を優先する
(20 ~ 100 名程度)
2)助成金額:1 件当たり 15 万円 ~ 30 万円
3)応募方法:所定の用紙により研究集会のオーガナイザーが申請書を提出すること
応募書類は事務局宛電子メールで送付すること
ただし、継続応募の場合は、提出期限までに前回助成の報告書が提出済であること
4)応募期限:平成 29 年 2 月 末日(火)必着
5)選考方法:当公益財団法人選考委員会が選考する
6)決定
及び通知:
選考結果を理事会で承認後、オーガナイザーに通知する
(5 月中旬予定)
7)研究集会
助成金の交付:
指定口座に振り込みを行う(7 月上旬を予定)
8)結果報告:対象となる集会終了後 1 ヶ月以内に、所定の書式に従って報告書を事務局宛電子メールにて送付すること

<報告書のダウンロード>

研究集会助成金成果報告書フォーム
11)申請フォーム
及び
注意事項:
入力前、提出前には必ず下記の注意事項を確認下さい
申請書不備の場合審査対象から外れる場合があります

注意事項

入力用の箇所以外セルは、編集出来ないように設定されています 入力可能な個所は、薄青色で     のように表示されていますので、その部分に入力して下さい
薄緑色     の箇所は事務局使用欄ですので、入力しないで下さい
セルの書式は変更しないで下さい
各項目に設定された文字のフォント・サイズは変更できません
入力する情報は、枠内に収まるよう調整して下さい
数字ならびに英数は、半角にて入力願います
申請者氏名・ふりがなの項目は「氏」と「名」の間に [半角スペース] を挿入して下さい
(様式-3①)については、Excelファイルの他にオーガナイザーの氏名欄に捺印したものをスキャンしてpdfファイルでも添付をお願いします
4 月 6 日までに受領の連絡がない場合は電話 03-3272-2657 までご連絡下さい

その他のご不明な点は、info@katof.or.jp までお問い合わせください

≪必要な提出ファイル≫
  1. (様式-3①②)Excelファイル
  2. (様式-3①)pdf ファイル(公印の捺印付きのページ)
<申請書フォームのダウンロード>

平成 29 年度研究集会助成金交付申請書_様式-3①②_Excel


このページのトップへ


交付対象者への連絡事項


上記の応募により交付を受けることになった方へのご連絡事項のページを開きます。
対象者は、以下の既に連絡させて戴いているパスワードを入力して、「連絡事項を開く」ボタンをクリックすると、連絡事項のページへ移動します。

パスワード:


このページのトップへ



Copyright © 2013 Kato foundation for Promotion of Science All Rights Reserved.